2006年08月09日

あゝゆるすまじ原爆

 八月と言う月は、日本人にとって特別思いの深い月であります。今から六十一年前(昭和二十年)八月六日、広島に原子爆弾が投下され死者二十数万人。そして三日後の八月九日には、長崎(第一目標は「小倉」、目視投下出来ず第二目標の長崎となった)に二回目の原爆投下、これによる死者同年末までに約七万四千人、重軽傷七万五千人(中日新聞より)。あの時、ついに日本政府は御前会議でポツダム宣言の受諾を決めたわけですが、これはあまりに遅すぎた決定ではなかったかと思わずにはいられません。この戦争で失われた命は(軍人軍属を含め)二百万人と言われています。
 人の命は地球より重いとは誰が言ったでしょうか、広島・長崎を思う時、戦争とはいえよくこれだけの一般人を殺したものだと怒りが込み上げてきます。
 彼の国の聖書にこういうことが載っています。紀元前八世紀にローマに滅ぼされたコリント人へパウロが送った手紙のこと、「神は、汝らを耐え忍ぶこと能はぬほどの試練に遭はせ給わず。」神はあなたたちに耐えられないほどの試練は与えないよということですが、広島へ最初に落した後の惨状を天から見てこの神は何と仰せになったであろうか。で手紙の続きは、「汝らが試練を耐え忍ぶことを得ん為に、之と共にたどるべき道を備え給わん。」あんた達が自らこうなることを望むようなことをするから神はこの試練と共にたどるべき苦難を与えたのだ!」これを聞いたら私はとてもアーメンとはよう言いません。
 それにしても、我が国の指導者達のまとまりの悪さは、毎年終戦記念日が近づくと露呈する、このところ昭和天皇が仰せになったと言われるメモや、はたまたA級戦犯者の通達まで出て来て混乱が一層広がっている。せめて国民が素直にお詣りが出来るような話しに落ち着かないものかと思う。このまゝでは盆が来ても護国の霊はうかばれません。
 ロータリーも政治と無関係ではありません。昭和十五年、敵国となってしまった国際ロータリーを脱退、「同心会」という名で形を継続しつつ、戦後は「名古屋火曜会」と名を改め、昭和二十四年三月、ようやく国際ロータリーへの復帰が許され、同年一宮ロータリー開設、昭和三十八年稲沢ロータリーに続き、(旧)西春日井ロータリーが昭和五十年、そして我が尾張中央ロータリークラブは昭和五十九年一月三十日創立という戦後の歴史、ここにも平和であればこそと今更感慨をあらたにせずにはいられません。
posted by まもる at 00:00| Comment(0) | 会長挨拶

2006年08月02日

御旦那衆の豪気なこと

 昨日第二回の西尾張分区会長、幹事会がありまして、席上の議題はGSE(研究グループ交換)派遣メンバーの受入れに関するお話しで、五名の派遣メンバーをどのようにお世話するかのことで、分区内九クラブでこれを率先して受けようと言うクラブは出ずまま、もう一度話し合おうと散会しましたが、私共のことを棚に上げて言うをお許しいたゞけるなら、こう言う話しがスムーズに行かない理由は何なのだろうと考えてしまうのです。
 昔むかしのお話しです。昭和四年九月十五日、名古屋に初めてゴルフ場が出来た時のこと、実は私はゴルフを致しませんのでこのこと事態は何の興味はありませんが、スゴイなと思うことがそのいきさつにありました。ゴルフ場計画を持ち出したのは、昭和二年、当時名古屋ロータリークラブ会員の伊藤次郎左衛門祐民氏だそうで、名古屋商工会議所頭でもあった方です。この頃東京、大阪に比べて、名古屋に不足しているものが三つあった。その一がゴルフ場、二がホテル、三が飛行場だったそうです。ホテルと飛行場の建設を県や市に話し掛けても大変お金の掛かることでなかなか乗らない、そこでゴルフ場くらいなら我々の手で作ろうではないかと、結局竃シ古屋ゴルフ倶楽部の設立にはそのほとんどが名古屋ロータリークラブの会員で構成されたが驚いたのは、これがちゃんとしたクラブ事業として行われたと言うことだった。
 さて名古屋に不足しているものの内、ゴルフ場は出来た。問題は残る二つ、ホテルと飛行場。様々な努力が実を結び、名古屋商工会議所を中心として地元有力者のご尽力で、昭和九年十一月一日名古屋港十号地に「名古屋飛行場」が建設された。更にホテル建設も名古屋財界が乗り出し、折りしも昭和十二年「汎太平洋平和博覧会」が名古屋で開かれる機会も相まって一気にホテル建設が進み、昭和十一年十一月「名古屋観光ホテル」の誕生となった。(中部経済新聞「奉仕の理想」より)
 その頃の御旦那衆と言うか、皆これロータリアンなんですが豪気ですね。それに比べてこの頃は、ボランティア団体等への助成金を削ったり、国際親善や友好関係を高める諸行事もやらないことはないけど率先してやると言う姿勢にはほど遠いようなわけで、豪気となると更に遠い。(豪気なことがすべて良いわけではないが)
 昨年創立百周年を迎えたロータリーも又新たな百年に向けて歩を進めるわけですが、折角のロータリー精神のいいところだけは、時代を超えて繋いで行きたいものです。
posted by まもる at 00:00| Comment(0) | 会長挨拶

2006年07月26日

新入会員さんをお迎えして

 本日は、IDM親睦夜間例会です。前段はいつも通りのセレモニーで、その後、親睦と融和を計るための時間です。その昔は「炉端会議」(Fire-Side Meeting)と申していたようですが、一九九〇年から変わって「家庭集会」(Informal Discussion Meeting)となりました。要は、形式張らないで自由に話し合おうと言う、そして人間関係をより高め合おうと言う会合でございます。
 それから今日は一つ喜ばしいことがあります。このあと入会式をさせて頂きますが、新しく入会されます名古屋鉄道の川口さんをご紹介することになっております。
 ご存知の通りロータリークラブは自分が入会したいからと言って簡単に入れるものではありません。或る紹介者があって、選考基準に従って選考の手続きをした上で、更に会員の同意を得て、入会に到るわけです。従って新入会員さんが入会されると言うことはすでに私達クラブのメンバーにとりましても大いに意味を持つものとなります。それは、お互いに今後の交わりを深めることによって自分達の奉仕の理想を更に高めてゆける道筋が持てることであります。
 私は、こういった機会がある度に、先にここに籍を置くものとして、自分の入会時の感激を思い起こし、そして原点を思い起こすきっかけとなるよう心掛けております。

posted by まもる at 00:00| Comment(0) | 会長挨拶

2006年07月19日

団体奉仕か個人奉仕か

 今日は、先週に引続き、委員会事業計画を発表して頂きますが、特にロータリーが奉仕の柱としている、職業、社会、国際の三大奉仕委員会はその活動が注目されます。
 地区からは、本年も継続事業であります、職場体験学習の受入事業所の拡大実施、これは、新世代委員会を通じてですが、職業奉仕の理念を発揚するものでもっともよい機会でありましょう。又、社会奉仕はそのあり方に解釈が難しいものと言われておりますが、一九二三年、セントルイス大会の時、統一見解が決議され、注目の議案三四号が採択されて、その後も二、三の訂正があって今日の解釈に至っているそうであります。その中にクラブとしての「団体的奉仕」でなく、むしろ「個人的奉仕」の方がロータリーの精神にそっている場合もあると言うのですが、社会奉仕活動の考え方の難しさは、社会からもロータリーの内側からも議論が絶えません。それこそ理念に基づいた行動が求められるでしょう。
 次に国際奉仕委員会さんですが住川委員長に一任させて頂いております。世界社会奉仕活動への協力、国際的会合に出席、とありますが私は、国際大会にはまず出席は出来ないと思っております。
posted by まもる at 00:00| Comment(0) | 会長挨拶

2006年07月12日

ささやかな奉仕を

小暑も過ぎ、いよいよ盛夏と言う時節になりました。
一昔前は私共のような印刷業は、暮れに年賀状とこの時季から大暑に向けて、暑中見舞の印刷が盛んでありました。虚礼廃止と言う名のもとに、良い風習もどんどん消え去ってしまいました。
 さて、本日と次回(十九日)例会は、今年度の各委員会から事業計画について報告を頂くことになっております。まず今日の例会では、クラブ奉仕部門から順次発表して頂きます。
 私は今期、四つの方針を目標としておりますが、その中の一つに、「真のニーズを見定め、地域社会の諸団体に協力しよう。」と言うのがあります。地域社会の様々な活動への理解ある参加はロータリーの奉仕活動を高める意味でも大切なことと考えております。従って各委員長さんは、大いに信ずるところに向かって活動されることを期待しております。
 私達がするささやかな奉仕は、時には細く長く、又ある時は、タイムリーにその一つ一つに心がこもっていることこそ大切で「ロータリーが理想」としている奉仕は、そこにあるのではないかと思っています。
posted by まもる at 00:00| 会長挨拶

2006年07月05日

新年度活動方針

 いよいよ今日からスタートです。新しい年度の始めに当たり、私の存念を少し述べさせて頂きます。
 毎年、会長エレクト研修会(PETS)ですが、この時初めて新年度RI(国際ロータリー)会長のメッセージが伝えられ、方針とテーマが発表されるわけですが、今年度ウィリアム(ビル)B.ボイドRI会長のテーマ「率先しよう」は、実は「今日ほど私達ロータリアンが目指している奉仕の理想を、人々が切望している時はない」と言うのです。ロータリーが世界で実施している環境問題或いは、さまざまな社会的倫理の欠落に対して今以上に 率先して これ等の諸問題に取り組んで行うと仰っております。
 一方、二七六〇地区斉藤ガバナーは、地区協議会の時言及しておられたように、今世界中でロータリークラブが内部崩壊を起こしつつあると、即ち、ここ数年で一割のメンバーがクラブから去ったという現実、当クラブでも前年度七名の退会者がありました。私達は改めて、無理な拡大と増強がなされてはいないか、もう一度足下から見直す必要があるのではないでしょうか。そのためにまず、ロータリーをもっと知ろうと言うことです。ロータリー百年の歴史を振返り原理原則を確認しようと、斎藤ガバナーはそのお考えを「原点回帰」というテーマで示されました。
 本年度私は、会長方針として「脚下照顧」禅家の標語ですが、足許をよく見よう、を指針として四つのことを掲げ、進めてまいりたいと思っております。
 まず
一、「理念に基づいた継続的奉仕活動を起そう。」
二、「真のニーズを見定め、地域の諸団体に協力しよう。」
三、「理想主義ではなく、持続可能な方法で取り組もう。」
四、「率先垂範、原点回帰、脚下照顧は、今年の合い言葉、全てここから出発。」
 又、ロータリーの将来を健全に保つためには、青少年交換や、インターアクト、ローターアクト、といった青少年プログラムが不可欠であります。当クラブは、本年度、ライラセミナー(地域の青少年指導者養成研修会)を開催主管致します。すでに大野眞一ライラセミナー実行委員長を中心に着々と準備が進んでいるところでございますがこれも次世代に、誠実さ、或いは寛容無我の精神を育み、将来、ロータリー活動を助長し地域の指導者にふさわしい人となるよう、期待を込めて行うものです。
 会員皆様のご協力のもと、これ等のプログラムの成功を目指して、頑張ってまいりたいと思っております。この一年どうぞよろしくお願い申し上げます。

posted by まもる at 00:12| 会長挨拶