2012年10月27日

会長退任挨拶

 今期掲げました目標も皆様の暖かいご支援とご協力により、その目的をほぼ達成出来ましたこと先ずお礼を申し上げます。
 さて今年一月ですが、三クラブ合同新年例会の前日、私の最も敬愛する小島四郎さんがお亡くなりになりました、奇しくもロータリー創設者ポール・ハリスの命日より一日前というのも小島さんらしさを偲ばせます。
 越えて二月五日には鈴木二三雄さんの訃報、立て続けての哀しい別れ、しかし私達は哀しみを乗り越えて、翌三月、ライラセミナーホストクラブとしてのお役目を今までの何処より立派にやり遂げました。このことは、今は亡きお二方への何よりの手向けとなったのではないかと思っております。
 本年度会長方針として「脚下照顧」〜足もとを見つめ直そう〜では、地元ボランティアグループや、青少年育成の為に活躍しておられる諸団体に助成の手を差し延べることが出来ました。
 最後になりましたが、この一年片山副会長さん、沖野幹事さん、理事・役員さんはじめ、各委員長の皆さん、そして各会員の皆さん、事務局の宮地さん、全ての皆様に限り無い感謝を込めてありがとうを申し上げ、退任の御挨拶とさせて頂きます。
 一年間ご協力ありがとうございました。
完   

posted by まもる at 17:09| Comment(0) | 会長挨拶

最終例会

 いよいよ最後の例会となりました。私が日頃愛吟する陶淵明の詩に
 「盛年重ねて来らず 一日再び晨なり難し」
 「時に及んで当に勉励すべし 歳月は人を待たず」
という詩があります。私は今期一年この詩を座右に置いて自らのお尻をひっぱたきながら、四十八回の例会に臨んでまいりました。「アッ」という間の一年でしたが、色々なこともありました。後ほど退任の挨拶で申し上げると致します。
 さて、今年度は特に世相を反映してか職業倫理についてよく議論が巻き起こりました。このところも頻繁に企業の不祥事が起こっております。中には羊頭狗肉を地で行くような食品会社など、考えられないような出来事が後を断ちません。
 道徳とか、倫理は所詮、二義的なものであるべきで、これを持ちださなければならないような時代は、それこそ理想的な社会のあり方では無いはずです。正に「大道廃れて、仁義あり」の例えでしょう。
 年度初めにガバナーのお話しで、だからこそ「原点に帰って、我々ロータリアンはその目的である職業を以って社会生活の浄化を目指すのだ」と仰られたのを思い出します。
 さてこの一年、拙い私の話しをよくお聴き頂いたと感謝致しております。同時に勝手に自分の人生観や、論理を展開して、釈迦に説法のような無礼を申し上げたこと、お許し頂きたいと思っております。
 ただ会長職を全うせんが為に進んで知り得た情報、読んだ数々の本、新聞の切り抜き、全てが私にとりまして宝となりました。このような機会を与えて下さった皆様に心から感謝申し上げなければならないと思っております。本当に有難うございました。この一年の貴重な体験を糧に冒頭の詩「歳月は人を待たず」の言葉の通り、残り時間を大切に今後の人生を充実して行きたいと思っております。
 瀧本年度会長挨拶、これで終ります。

二〇〇七年六月二十七日(第一一三一例会)
posted by まもる at 17:09| Comment(0) | 会長挨拶

敢えて自画自賛

 光陰矢の如しの一言をこれほど実感した一年はありませんでした。昨年七月五日(一〇八四回例会)から私の年度は始まり、今日で四十七回目の例会、あと一回で終わらせて頂きます。会長挨拶が長すぎるとのご非難を尻目に喋り続けた一年間、皆様とロータリーの友情に支えられてどうやら無事今日を迎えることが出来ました。来週は、最終例会で退任式でございますから、実際のお役目は今日で終了ということでございます。本当に一年間有難うございました。
 今日は、IDM(インフォーマル・ディスカッション・ミーティング)です。言葉の語源はともかく、裃を脱いで語り合う日でございますから、この一年の打ち上げとして、大いに語り合って頂きましょう。
 それにしてもライラセミナー一色の一年でしたね。私は地区新世代委員会に二年、地区ローターアクト委員会に一年出向しておりましたが、急遽クラブ会長のご指命を受け、熊澤勝則君に地区の後を引き受けて頂きましたが、見事にライラ委員長をお務め頂きまして、ライラセミナーの成功を導いて頂きました。
 もちろんこれを支えた当クラブの実行委員会の面々、大野眞一実行委員長を筆頭に、委員会メンバーの一糸乱れぬ行事進行は、ライラセミナーの内容もさることながら、当クラブ会員の層の厚さを知らしめることが出来、実に面目躍如これに過る事はありません。
 ガバナー主催事業といたしましてはやや日陰的存在でありましたライラセミナーに光りを当てたのは、まぎれもなく当クラブでありましてその功績は多大でございます。それを立証するに、去る六月十四日よりアメリカ・ユタ大学で開かれましたライラセミナー世界大会に、何と、当地区から初めて熊澤委員長が受講生を引率して大会に赴くこととなり、斎藤ガバナー、更に江崎ガバナーエレクトの絶大なるご支援と期待に送られて、出席致しましたことは、地区ライラ委員会十五年の歴史に留むべき快挙と言って過言ではありません。
 自画自賛はこれくらいに致しまして、話は戻りますが、とり敢えずこの一年のご協力に心から感謝申し上げます。本日は、時間の許すかぎりご歓談して頂き親睦を深めて頂きますようお願い申し上げ、私のご挨拶とさせて頂きます。

二〇〇七年六月二十日(第一一三〇例会)
posted by まもる at 17:08| Comment(0) | 会長挨拶