2012年10月27日

信用ということ

 私達は日頃、ロータリーは慈善団体ではない、職業の倫理を高めることによって社会に貢献しようとする職業人の団体です、と常々言い合ってはいますが、具体的にどうなのかという問いに佐藤千寿氏の近著「道徳と資本」が分りやすい例を引いて述べているのを参考にさせて頂きますとこうです。
 「世界で最も尊敬されている企業」ジョンソン&ジョンソン社のことであります。全米医薬品業界のトップ企業、この会社の信条というのがまず責任対象とする順序を次のように揚げている。
 第一に消費者(顧客)、第二に社員、地域共同体、そして最後に株主としている。会社は株主のものと言う論理が最も多いこの国では異例だといわれていました。これが単なる口頭禅ではなく、実証しなければならない事態に遭遇する、それは一九八二年に起こった事件。「タイノール」という薬で、アメリカでは一般的に利用されている鎮痛剤に何者かが青酸カリを混入し、多数の死者を出したといいう事件。日本であった「森永砒素ミルク事件」みたいな事件ですが、この時の対応の違いはいうまでもないわけです。まずあらゆる手段で商品を回収し、外部の犯人による仕掛けで会社に責任は無いけれど「人命に関わる問題の解決を最優先とし、たとえ会社がその膨大な損失を蒙って潰れようと止むを得ない」として被害者救済に当ったという。しかしこれによって逆に会社の社会的信用度は一挙に高まったと言われています。
 ロータリーの唱える職業倫理、職業奉仕の実践的解答がここにあるように思う訳でございますが。たゞ株式公開上場会社であっても、ここの会社のように経営者が断トツの筆頭株主であったからで、普通はそうはいかない、そこに今後ロータリーが職業倫理の実践を進めるに大きな問題としてあるように思うと佐藤千寿氏の著述にある。
 一つの会社が株主と経営者による別の形態を為す現在、会社は経営者と所有者が一体であった頃に出来たロータリーの職業倫理は一度見直さなければという意見も分かるように思います。
 商道徳をひたすら守って、百年の暖簾の老舗でも、俄に出来たチェーン化された利益追求のみのベンチャー企業に負けて廃業するというご時世、経営者だけに職業倫理をいうより、むしろ一般投資家から株主に到るまでこれを問う方が先決だが、そうなるともうこれはロータリーの役割では無いのかも知れない。

二〇〇七年六月十三日(第一一二九例会)
posted by まもる at 17:08| Comment(0) | 会長挨拶
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: