2012年10月27日

武器よ本当にさらばだ

 またかという感じですが、先月米国で大変痛ましい事件がありました。三十二名もの若い人が命を落しました。この国の銃規制はいったいどうなっちゃっているんでしょう。
 銃砲の厳しい規制に反対している論者らはよく飲酒運転で死亡事故が起きたと同じだとして、車や酒が悪いんではなく、飲酒の上ハンドルを握った運転者に責任がある。と同様に、銃撃事件の犠牲者に責任を負うのは銃ではなく、発砲した人間にあるなどと言ってます。
 米国人の銃への思いは、解らぬでもありません。新大陸への入植以来、護身のためまた狩猟や開拓、そして独立といった目的に銃が大きな役割を果してきた歴史がある。(中日新聞社説) 武器の考え方一つとっても、国の成り立ちや歴史が、ものの考え方に大きな違いをもたらすということがわかります。古くは我が国でも民百姓までみな武器を持っていた時代がありましたが、天正十六年(一五八八)豊臣秀吉による 「刀狩」 があり、そのあと明治九年(一八七六)今度は本格的な廃刀令を施行。軍人や警察官らの制服着用時間以外に帯刀することを禁じた「太政官布告」によるものでこの時はさすがに旧幕臣達、戊辰戦争に生き残った武士、明治政府からいうと「不平士族」の激しい抵抗があったようです。世に言う「神風連」の乱。萩とか秋月とかであの映画ラスト・サムライのモデルになった出来事でした。
 そもそも武器を持つ意味と、そして戦う意味はあの国と日本では大きな開きがあります。相手の目を見て一人の敵と戦う、そして一つの命と引替えに得るものは何かを大義とともに考える。そんな戦い方に比べ、あちらでは、あくまで合理的に顔も見えない相手を遠くの方から制圧する手段の銃は、開拓時代にいかに原住民を合理的に制圧するかが目的で次々開発する銃の中で、最初の機関銃は、一分間に六十発の発射能力であったが、すぐに二〇〇発に性能が上がる。
 ところで明治政府は遂に米国の薦めによって、一丁千五百ドル(あまり正確ではないかも)で軍にこれを導入する。一方新政府に反対する旧幕臣武士団、近代兵器を一切拒否し、刀と弓だけで官軍に突撃していった武士達。彼らが伝えたかったものは何かは別として。
 あのとき制圧する側の官軍ですら機関銃による掃討、これは闘いではなく「屠殺」だとし、正視出来ない光景に銃撃を制止したと伝えられている。
 話は元へ戻しますが、日本ではとおの昔に、武器を持つことを禁止しました。ですからまったく信じられないようなことですね。一〇〇年前ならいざ知らず文明国のお手本だったあの国が、今だに一般市民が武器を持っていないと不安で生活出来ないなんて。

二〇〇七年五月二日(第一一二三回例会)

posted by まもる at 17:05| Comment(0) | 会長挨拶
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: