2012年10月27日

ロータリーの理想と現実

 「悪銭身に付かず」と言いますが、悪銭をまんまと取り込んで、約束は平気でほごにするしたヽかなあの国、大国も手玉に取られて形は無い。せっかく大怪我にこりて「戦争は、永遠にしない」と決めた私達も、この理屈の通らない相手が近くにいるとそうもいっていられないというあぶない理屈も出て来る。降り掛かる火の粉を防ぐ道具や使うための練習もいるし、いざという時に必要な心構えも平生もっていなけりゃいけないと、遂にあの法律を改めることになりそうだ。
 国際ロータリーでは、第二次大戦後ロータリアンも手に手をつないで歌を唄うだけではだめだということで、もう六十年も前に「世界平和樹立のための八原則」なるものを実は提唱し、積極的に平和に資するべしとしています。
 そこでその中の一つですが、「愛国主義に捕われず、自分が国際理解と親善と平和を推進するという責務を負っているものとする。」というのがあります。愛国主義に一番捕われているのはどなたの国かと問いただしたくなりますが、そういう私達の国も愛国心を育てる教育が着々と進んでいます。
 ロータリーの理想と精神は他国との紛争や戦争防止に本当はどうなんでしょうか。
 そこで憂うべきは一方に片寄った考え方をすることで、実に危険であると先哲は忠告しています。
 「勇力の男子 勇力に斃れ
     文明の才子は 文明に酔う」
 「君に勧む須く 中庸を択び去るべし
     天下の万機 一誠に帰す」と!
 日本には昔から儒教の教えに「中庸」という考え方があるのです。
 それにしてもあの国を真人間にするのは並大抵では出来ませんね。そこで先ほどの 「RI世界平和樹立の八原則」その二、「どこかが貧困であれば、全体の豊かさを危うくすると認識し、あらゆる国の人々の生活水準を高めようとする措置を支援する」というもの。貧困と格差が争いの根源だとわかっているのですが、むしろそれ等を助長すかのような今日の世相、ロータリーがこれを是正実践できたら素晴らしい。

二〇〇七年四月二十五日(第一一二二回例会)
posted by まもる at 17:04| Comment(0) | 会長挨拶
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: