2011年01月27日

深きご縁に感謝して

 一月二十九日、一月にしては暖かな日、我がクラブ名誉会員故小島四郎パスト会長の告別式がしめやかに行われました。
 小島四郎さんは、私の入会時の推薦者でした。偶然にも今期会長を務めさせて頂いているこの時に亡くなられ、クラブ代表として私が弔辞を述べさせていたゞきましたことなど、何か深いご縁と廻り合わせを感じております。
 振り返って一九七九年(昭和五十四年)ボーイスカウト師勝第一団結成の時、初めてお目に掛かってから昭和六十年まで団委員長として、団の運営と子供達のお世話に心血を注ぎ、今日の団の礎を成してこられました。丁度そのころ私はカブスカウト隊々長として一緒に活動していました。あまりの熱心さに或る時、なぜそこまで?と問う私に「人間は一人では生きて行けないんだ。地域社会の多くの人達の深い愛情と善意、それと幾多の奉仕によって、みんな活かされているんだよ。」と仰ったことが印象に残っています。望論 私はまだロータリアンではなかったのですが、今思うと、あの時すでにロータリーの精神を私に示し、そして自ら実践して居られたのでした。
 しかし残念なことは、最も青少年の育成には熱心であった方だけに、今年当クラブが主管するライラセミナーを見届けることなく急逝されたことは、仮令天の配剤とはいえ痛恨の極みであり残念としか言い様がありません。
 私は故人の信念を大切に地域への奉仕、そしてロータリーの奉仕の理想を追求し、これからのロータリー人生をまっとうして行ければと思っています。ありがとうございました。

二〇〇七年一月三十一日(第一一一一回例会)
posted by まもる at 16:55| Comment(0) | 会長挨拶
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: