2008年12月27日

おにぎり

 私が入会したころ、粗食例会という例会日がありました。確かおにぎりだったように記憶しています。なぜおにぎりが粗食とされたのかは解りませんが。
 さて、テーブルに食べきれないほどの料理、無駄とか、残せばもったいないとか一切考えなくていい、贅沢な食事にくらべておにぎりというこれほど合理的なものは無いのではないかと思う。第一どこで食べようと場所はかまわない。ゴミなど出ない。私達のご先祖はよくまあ考えられたものよと感心せずには居られません。
 日本人が世界で長寿国となっているのは実に、従来の簡素な食生活が今の老人達に維持されてきたからだという説もあります。
 私達は永い間、脂肪の少ない米食中心で、大豆からとった豆腐・野菜・海草類をたくさん入れた具で、これが伝統食として私達の健康にも大きくかかわって来たようです。
 終戦直後の食糧難の時代、私は幼児期で成長盛りの年でした。ひもじい思いを嫌というほど体験しましたがその時代に比べて今は夢のような飽食時代です。
 しかし、夢に見た飽食は、結果的にロクなことはありませんでした。欧米型の食生活パターンに変わってから、糖尿病は増えるは高血圧・高脂血症は増えるはで、良いことはない。
 禅僧の食事は、一見簡素に見えるが、栄養はバランスよく十分確保されているそうです。
 日本人の伝統食が見直されています。おにぎりもその一つで、決して粗食などといっては、ご先祖に申し訳が立たない。

二〇〇六年十二月二十日(第一一〇六回例会)
posted by まもる at 16:49| Comment(0) | 会長挨拶
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: