2006年10月25日

相手の職業に敬意を表すること

 今日は、十月職業奉仕月間最終の例会です。
 担当委員会のお骨折りで今年この地に建造されたこの「北名古屋健康ドーム」を見学させて頂くことになりました。後ほど館内をご案内いたゞくこととなっております。
 この施設オープン前に我々環境保全委員会によりまして記念樹を寄贈いたしました。この入口正面にクロガネモチの木が植え込まれており、私達の奉仕のあかしが誇らしく立っております。しかし、ロータリーの寄贈は実はひかえ目でございまして、寄贈者表示看板も小さく謙虚さを表しています。
 さて、私達ロータリアンの規範として大切にしている「職業宣言」というものがあります。これは一九一五年の「道徳律」代わって、一九八九年シンガポールに於いての国際ロータリー規定審議会で採択された八ヶ条の宣言、皆様お持ちの「ロータリー職業奉仕を理解するために」あの緑色の本に載っています。職業宣言八ヶ条、その中の四番目に、「雇主、従業員、同僚、同業者、顧客、公衆、その他事業または専門職務上関係を持つ全ての人々に対し、等しく公正なるべし」とあり、同じく五番目には、「社会に有用なすべての業務に対し、当然それに伴う名誉と敬意を表すべきことを知れ」と記されています。主従であれ、同僚であれ、取引先やお客であろうとなかろうと、又、士であれ、司であれ、或いは師であろうと全ての人に等しく公正は当然でありますし、社会で働く人々はそれぞれ職業にプライドをお持ちでしょう。そのことに敬意を以って対するのもあたり前のことでございます。
 今日は、ここに働く職員の方々に敬意を表しつつゆっくり見学させて頂こうと思っております。

posted by まもる at 18:49| Comment(0) | 会長挨拶
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: