2006年10月11日

ガバナー公式訪問

 本日は、国際ロータリー第二七六〇地区斎藤直美ガバナー、並びに藤井伸三地区幹事のご臨席を得まして名古屋清須、尾張中央の二クラブ合同例会です。開催するにあたり、ホストクラブとして一言ご挨拶を述べさせて頂きます。
 私達は、日頃クラブの運営や、地元での奉仕活動のみで、どちらかといえば地味な事しかやっておりません。今日は、年に一度こうして年度のガバナーのご来訪をいたゞき、ロータリーの世界観や直接お会いになったRI会長ってどんな人か、お話しを伺う唯一の機会であります。
 斎藤ガバナーは今年度地区方針に仰ってみえるように、IMを復活しよう、そしてロータリー百年の歴史を学び、ロータリーの精神を、クラブ運営の原理原則とし、そして自己研鑽と友愛の輪を広げようと呼び掛けて下さっています。
 今日この後、そんなお話も存分に伺えると思っています。どうぞ、会員の皆様には最後までご拝聴いたゞきますようお願い申し上げましてご挨拶とさせて頂きます。

posted by まもる at 00:00| Comment(0) | 会長挨拶
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: