2006年09月27日

一隅を照らす

 今日は、十月十一日の地区ガバナー公式訪問に先駆けて、西尾張分区山内登ガバナー補佐並びに岩田勝美補佐幹事がお見えになっております。あとで卓話を頂き、アッセンブリーでは細かくご指導いたゞけることと思っております。
 私共の住まいする北名古屋市高田寺。昔はこのあたり一帯を寺領としておりました名刹医王山高田寺。今から一二八六年前、養老四年(七二〇年)奈良時代に創建された寺で、宗派は天台宗です。
 天台宗の標語に「一隅を照らす」という言葉があります。これは、宗祖伝教大師最澄のお言葉で住職の法話にも必ずこれを仰います。
「国宝とは何者ぞ、宝とは道心なり、
  一隅を照らす、此れ即ち国宝なりと。」
 実は「ロータリアンの一口ばなし」という本がありますが、その中に 一隅を照らす奉仕=@という見出しで、「東京に住むある主婦の話しである」としてこんな話しが載っていました。
 冬の寒い日、近所で水道工事をしている工夫の人達に寒い中をごくろうさまですとお昼のとき温かい味噌汁と熱い茶を振舞った。
 五日ほど続いて工事が終った時、奥さんから受けた温かいお気持に感謝して家の回りから溝に到るまで綺麗に掃除して、見違えるようにしていったというお話し。
 ロータリーの奉仕も、このようにつつましく一隅を照らすものでありたい。と書かれていました。
 実は私も十数年前になりますが、家の前の道路工事があった時、茶を振舞った事がありましたのでその時のことを思い出しました。
 奉仕は、美談として語られなくて、ありふれた日常の出来事に過ぎなくなるような世の中が、我々の求めるものではないでしょうか。
 ロータリーの奉仕の精神に、金を集めて多く施せとはどこにも書いてありませんと結んでありました。
 考えさせられる一文であります。

posted by まもる at 00:00| Comment(0) | 会長挨拶
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: