2006年08月30日

ゆるんだ箍(たが)

 黙して語らず、を美徳とする考え方が私達日本人にはあります。黙っていても伝わることがあります。以心伝心とも言うでしょうか、又黙らなければ伝わらないことだってあります。
 今年六月に見た映画「単騎千里を走る」の中で、主演の高倉健が心の通わなかった息子とやりとりする中で、親の気持ちを伝える演技はセリフではなく、ほとんど黙した中で目と微妙な顔の表情だけでした。これは高倉健さんだからこそ似合う演技で、誰でもと云うわけにはまいりません。「目は口ほどにものを言い」ということでしょう。
「京都三条糸屋の娘 姉は十八、妹は十五、
 諸国大名は弓矢で殺す 糸屋の娘は目で殺す」
若い娘さんならなおのこと言葉は入りません。
 さて、沈黙することは、語らないことではないとはその通りです。暗黙の了解、暗黙の秩序ということもあります。政治家なんかは特にそのあたり非常にうまく使いこなさないといけないそうですが、私達ロータリアンは、大いに語り、大いに議論し、そして、そこに生れる良き事を「率先して」行動する。これは今期の大命題ですから一緒に実行してまいりましょう。
 最近、ロータリアンの規律が守られていないことに憂いを感じているという言葉をよく耳にします。特に出席率の低下はまぎれもない事実です。
 先日の夜間例会で、入会一年未満の或る会員さんが「例会出席の会員義務について、なぜそれが重要なのか解ってないけど、まず決りであることは実行しよう、止むなく欠席の時はメークアップしよう。先輩達が大切に守って来たものを疎かにしてはいけないと思って実行しています」と、こういう若い方もお見えになるわけです。「言わずもがな」とはこのことでしょうか。しかし本当のロータリーは、そんなもんじゃないと先輩は仰るでしょう。私は、何年か掛かってゆるんだ箍は、やはり時間を掛けて絞め直す方が、正しいのではないかと思うのです。このことは皆で改善努力しなければなりません。たとえばロータリアンの意識改革ならもっと先輩の率先垂範が求められます。
 私は今期、脚下照顧を標語として、四つの目標の内、「理想主義でなく、持続可能な方法で、もの事に取り組もう」と主張しております。黙っていても伝わることもあるのです。出席率の百パーセント実現は可能と信じています。
 今日は、この後、地区新世代委員長の加藤康治さんに卓話をお願いしております。こちらからお願いしながら、プロジェクターもスクリーンもご持参で来て頂いております。誠に申し訳なく思っております。これぞロータリーの友情の発動と感謝致しております。
 ありがとうございました。
posted by まもる at 00:00| Comment(0) | 会長挨拶
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: