2006年07月26日

新入会員さんをお迎えして

 本日は、IDM親睦夜間例会です。前段はいつも通りのセレモニーで、その後、親睦と融和を計るための時間です。その昔は「炉端会議」(Fire-Side Meeting)と申していたようですが、一九九〇年から変わって「家庭集会」(Informal Discussion Meeting)となりました。要は、形式張らないで自由に話し合おうと言う、そして人間関係をより高め合おうと言う会合でございます。
 それから今日は一つ喜ばしいことがあります。このあと入会式をさせて頂きますが、新しく入会されます名古屋鉄道の川口さんをご紹介することになっております。
 ご存知の通りロータリークラブは自分が入会したいからと言って簡単に入れるものではありません。或る紹介者があって、選考基準に従って選考の手続きをした上で、更に会員の同意を得て、入会に到るわけです。従って新入会員さんが入会されると言うことはすでに私達クラブのメンバーにとりましても大いに意味を持つものとなります。それは、お互いに今後の交わりを深めることによって自分達の奉仕の理想を更に高めてゆける道筋が持てることであります。
 私は、こういった機会がある度に、先にここに籍を置くものとして、自分の入会時の感激を思い起こし、そして原点を思い起こすきっかけとなるよう心掛けております。

posted by まもる at 00:00| Comment(0) | 会長挨拶
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: