2012年10月27日

菅  公

 ときどきいますね、私は無宗教だと、そういう人でもご先祖の墓参りはするでしょうし初詣にも出かけるものです。もともとこういった行為は自然なもので、改めて宗教とか信仰とか意識しないからかと思われますが。
 さて春といえば入学、進学の季節。時期はちょっと過ぎたが、どなたも一度は経験がおありでしょう「受験のための神頼み」のこと。お陰様で天神様は大忙し。「みんなに公平」かどうかは知りませんが。
 ご存知のように天神様は学問の神様で、菅原道真公の神号ですが、人間が神様になったのは、よく知られているだけでもあと二人、徳川家康公は天台薬師の権現様として東照宮に祀られていますし、豊臣秀吉公は太陽(日輪)の申し子といわれているので、豊国大明神の神号を皇室より与えられたそうで、その豊国の名号は、日本国の別名、「豊茸原瑞穂国」の上下から取ったと伝えられています。この三人の内、道真公が祀られている天満宮が一番親しみをもってお参りされているように思いますが、それはやはり学問の神様として信じられているせいと、もう一つ天神様の社数が多いこと。日本全国の神社数約「八万社」の内、道真公を祀る天満宮は「二万数千社」あるそうですからね。
 ところで菅原道真公を神としてお祀りしたのは、そもそも非業の死を遂げた道真の「怨霊」を鎮める為に祀られたものと言われています。 「東照大権現」やら「豊国大明神」さんとはちょっと違う。
 道真さんの家は代々学問でお仕えして来た家柄、天皇の覚えも厚くとんとん拍子の出世に妬みはつきもの。左大臣藤原時平の「讒言」に合って昨日まで右大臣だった人が、筑紫の国大宰府へ左遷というか流刑。四人の男子は土佐や播磨に流され奥さんと女の子一人都に残され、文字通り一家離散でお気の毒の限りです。いよいよ屋敷を去る時、別れの歌を残したのがこの歌
 「東風吹かば匂いおこせよ 梅の花
      あるじなしとて 春な忘れそ」
 そうして後ろ髪引かれるつらい別れ、妻に対する憐愍の思いがひしひしと伝わって来ます。
 「君が住む宿の梢をゆくゆくも
      かくるるまでに かへり見しかな」
 道真さん五十七才。配所先(大宰府)から赦免を願うもかなわず病を得て遂に観音経を念じつつ薨去。時に延喜三年(九〇三)二月二十五日享年五十九才。
 さて、この人の死後、京の都は大荒れで天変地異が続き、御所の清涼殿に雷が落ちて死者が出る、醍醐天皇も病気に取り付かれ死去。これがすべて道真公の怨霊の祟りと恐れおののき、朝廷自ら神社を建て、その霊を慰め各地にこれを奨励したという。全国にたくさんあるはずです。いわゆる天満宮の天神様であります。
 孫のお受験や商売繁盛のお願いばかりでなく、たまには道真さんの無念をお慰めにお参りしてはいかがでしょうか。

二〇〇七年四月十一日(第一一二〇回例会)

posted by まもる at 17:03| Comment(0) | 会長挨拶

ライラセミナーで得たもの

 まずはライラセミナーが無事盛会裡に終了しましたこと、ホストクラブとして一つの功績を残した大きな事業であったと思います。皆様のご協力に改めて感謝申し上げます。
 一年余りに亘って準備、計画、実行とクラブ全員の協力が素晴らしい結果を生み出しました。後ほど実行委員長としてお骨折り頂いた大野眞一さんより詳しくご報告を頂くことと致しますが、あの二日間の体験は、受講生のみでなく、お世話をした私共大人達にも、多くの発見と新たな課題を考えさせられた貴重な時間であったと思っています。
 「将来の日本」というテーマは、未来を憂う大人以上に受講生たちは、現実の社会問題を敏感に感じ取り、これからの日本に強い危機感を持っていることを、分科会を回って伺い知りました。特に教育問題を取り上げていた分科会では道徳教育の必要性を痛切に感じていることに共鳴しました。この世に道徳観、倫理感が欠如すればどうなるかは、現実この社会が立証していることを彼らは実感しているのでしょう。経済的繁栄が全てだと信じて来た我々の過去は、極端に個人主義を尊重した結果が、やりたい放題の我がまま人間を多く造り出してしまいました。ライラセミナーに集ってくれた若者達は、この大人達のミスマッチを自分達の世代で歯止めをかけようと考えているのです。この若者達を、将来地域の指導者として育ってほしいと望むならまず、私達自身が身を律して行かなければならないのではないかと反省を込めて思いました。
 私達にはロータリーの示す倫理があります。もう一度見直さなくてはと考えるようになったのもこのセミナーで体験した私の収穫でありました。
 あの二宮金次郎の言う、「躾(しつけ)と教育で、ようやく人道は立つ」。すべては人の道理を説くことから始まる。という言葉をつくづく思い出します。

二〇〇七年四月四日(第一一一九回例会)
posted by まもる at 17:02| Comment(0) | 会長挨拶

第十五回ライラセミナー

 本日は受講生百三十二名、国際ロータリー第二七六〇地区斎藤直美ガバナー始め、地区役員地区内八十一クラブからロータリアンの皆様多数ご参加いたゞき、総勢三百六十余名による、第十五回ライラセミナーを開催することが出来ました。今回ホストを務めます尾張中央ロータリークラブ一同、心から歓迎申し上げております。
 さて、このセミナーの主旨は、新しい時代を担う若い人達に、将来地域の指導者として活躍して頂けるように、環境と場を提供し受講生の皆さんが自信と優れた能力に目覚めて頂けるよう我々がお手伝いするプログラムであります。
 今回のセミナーのテーマを「将来の日本」と致しましたのは、少々重いテーマではありますが、今あなた方が最も関心を持たなければならないことではないかと思うからであります。将来の日本とは即ち、あなた方がつくる日本ということです。
 受講生の皆さん、今日は大いに語り将来を想像して下さい。力を合わせてよい未来のために話し合って下さい。
 この二日間があなた方にとって有意義な時間とそして友情を育む場となることを祈念致しまして歓迎のご挨拶と致します。

二〇〇七年三月二十四・二十五日(第一一一八回例会)
posted by まもる at 17:02| Comment(0) | 会長挨拶