2011年01月27日

深きご縁に感謝して

 一月二十九日、一月にしては暖かな日、我がクラブ名誉会員故小島四郎パスト会長の告別式がしめやかに行われました。
 小島四郎さんは、私の入会時の推薦者でした。偶然にも今期会長を務めさせて頂いているこの時に亡くなられ、クラブ代表として私が弔辞を述べさせていたゞきましたことなど、何か深いご縁と廻り合わせを感じております。
 振り返って一九七九年(昭和五十四年)ボーイスカウト師勝第一団結成の時、初めてお目に掛かってから昭和六十年まで団委員長として、団の運営と子供達のお世話に心血を注ぎ、今日の団の礎を成してこられました。丁度そのころ私はカブスカウト隊々長として一緒に活動していました。あまりの熱心さに或る時、なぜそこまで?と問う私に「人間は一人では生きて行けないんだ。地域社会の多くの人達の深い愛情と善意、それと幾多の奉仕によって、みんな活かされているんだよ。」と仰ったことが印象に残っています。望論 私はまだロータリアンではなかったのですが、今思うと、あの時すでにロータリーの精神を私に示し、そして自ら実践して居られたのでした。
 しかし残念なことは、最も青少年の育成には熱心であった方だけに、今年当クラブが主管するライラセミナーを見届けることなく急逝されたことは、仮令天の配剤とはいえ痛恨の極みであり残念としか言い様がありません。
 私は故人の信念を大切に地域への奉仕、そしてロータリーの奉仕の理想を追求し、これからのロータリー人生をまっとうして行ければと思っています。ありがとうございました。

二〇〇七年一月三十一日(第一一一一回例会)
posted by まもる at 16:55| Comment(0) | 会長挨拶

2011年01月10日

三クラブ合同新年例会 ホストクラブ会長として

 本日は第二十一回の三クラブ合同新年例会となります。本来なら、おめでたい言葉でごあいさつ申し上げるところですが、先ほど司会者のご案内の通り、当クラブパスト会長小島四郎君現名誉会員が、昨夜急逝されました。誠に痛恨の極みに存じます。一同心からご冥福をお祈り申し上げて居るところでございますので、新年のご挨拶はさし控えさせて頂きたいと思います。
 ちょうど二廻り六年前、平成十三年一月二十日の三クラブ合同新年例会、私はホストクラブ幹事としてこのように皆様の前で幹事報告をさせて頂きました。あれから星移りまして今日、会長としてごあいさつ出来ますこと誠に光栄に存じ、心から感謝致しているところでございます。
 皆様本日のプログラムの表紙をご覧下さい。見たことのある文字だと仰るでしょう。これはガバナー月信一月号の表紙文字をそのまま使わせて頂きました。ご存知の通り今年度ガバナー方針「原点回帰」でございます。
 さて昨今のような格差社会と商道徳の欠如を嘆く時代は二十世紀初頭のシカゴの街と似ているのではないかと想像しませんか。あの時ポール・ハリスは何とかこんな時代に信頼と友情を深める仲間づくりが出来ないかと思索を重ねて、ついに一九〇五年二月二十三日、シカゴにロータリークラブを誕生させるわけです。そして、ポール・ハリスは四十二年の間ロータリー発展に生涯をかけ、一九四七年一月二十七日の今日、七十九才でこの世を去りました。ご冥福を祈りながら、彼の起した原点をもう一度見つめ直すこと今がその時期ではないかと今年度ガバナー方針で示されております。
 今日はこのあとすぐご講演をお願いしております塩川正十郎先生から溜飲の下がるようなお話しも聞けるのではないかと楽しみにしております。
 どうぞ最後までご拝聴のほどお願い申し上げて、ご挨拶と致します。

二〇〇七年一月二十七日(第一一一〇回例会)

posted by まもる at 16:55| Comment(0) | 会長挨拶