2006年10月25日

相手の職業に敬意を表すること

 今日は、十月職業奉仕月間最終の例会です。
 担当委員会のお骨折りで今年この地に建造されたこの「北名古屋健康ドーム」を見学させて頂くことになりました。後ほど館内をご案内いたゞくこととなっております。
 この施設オープン前に我々環境保全委員会によりまして記念樹を寄贈いたしました。この入口正面にクロガネモチの木が植え込まれており、私達の奉仕のあかしが誇らしく立っております。しかし、ロータリーの寄贈は実はひかえ目でございまして、寄贈者表示看板も小さく謙虚さを表しています。
 さて、私達ロータリアンの規範として大切にしている「職業宣言」というものがあります。これは一九一五年の「道徳律」代わって、一九八九年シンガポールに於いての国際ロータリー規定審議会で採択された八ヶ条の宣言、皆様お持ちの「ロータリー職業奉仕を理解するために」あの緑色の本に載っています。職業宣言八ヶ条、その中の四番目に、「雇主、従業員、同僚、同業者、顧客、公衆、その他事業または専門職務上関係を持つ全ての人々に対し、等しく公正なるべし」とあり、同じく五番目には、「社会に有用なすべての業務に対し、当然それに伴う名誉と敬意を表すべきことを知れ」と記されています。主従であれ、同僚であれ、取引先やお客であろうとなかろうと、又、士であれ、司であれ、或いは師であろうと全ての人に等しく公正は当然でありますし、社会で働く人々はそれぞれ職業にプライドをお持ちでしょう。そのことに敬意を以って対するのもあたり前のことでございます。
 今日は、ここに働く職員の方々に敬意を表しつつゆっくり見学させて頂こうと思っております。

posted by まもる at 18:49| Comment(0) | 会長挨拶

2006年10月18日

聞いて下さい奉仕とは

 ロータリーの友に「言いたい、聞きたい」と言う欄があります。ご覧になりましたか、十月号。綱領に対する疑問とか「奉仕って何」など、私と同じような疑問を感じている人が結構居るもんだと思ったので少しお話しさせて頂きます。
 このところ奉仕を義務付けるということがあちこちでよく聞かれるようになりました。先月お話しした、法制審議会で検討中の軽微な犯罪者に、懲役や罪金の他に社会奉仕を義務付けること。また、東京都では来年度から全都立高校で、一単位年間三十五時間の「奉仕」が必修化されること。それは、「規範意識を身に付けさせることを狙いとしている」としています。ボランティアと言わないで「奉仕」と呼ぶ、ここがポイントですが、その理由は「自発的に行うのではなく、教育課程に組み込み必修とするため」と、都の教育委員会が説明しているようです。
 そこで「奉仕」を改めて辞書でひきますと、第一義に、「主君や、神仏に謹んで仕える」とあります。
 我々ロータリーで言う「奉仕」とは、ロータリーの理念を理解しその精神を自発的に行う事と思っていますが、先に申し上げた奉仕という言葉は、そもそも「奉仕」です。そこへいくとボランティアは、その語源からいっても、ラテン語では、「自由意志」。英語では「志願兵」を表すような自発的という意味がある。とするなら、どちらかというとやはりロータリーは、ボランティアを志す人々の集り、の方が合うように思えてきます。
 人のために尽くす行為を、国や人種、宗教の違いでその表現は微妙に異なるものです。
 大修館の大漢和辞典の第二義に「奉仕」とは「自分を棄てて他人の為に尽力する」とあります。奉仕には「滅私」という熟語が連想され、私達日本人は、これが深く心に刻まれています。
 私が少々この言葉に拘りを持つのは、外来の思想や考え方を、あいまいな訳のまゝどちらともつかないで使われていると、本当の理解は得られないと思うからであります。
 米山梅吉翁が、東京ロータリークラブを設立したのが一九二〇年、日本のロータリーはあれから八十六年、私達は、未だ人からロータリーの奉仕って何かと問われても、ズバリ明快な答えが出せないのもこの辺りが一つの原因としてあるのではないだろうか。「身を棄てて、人に尽くす」か、又、「他人によく尽くせば、自分にも多く報われる」を基本とするかで、表現する日本語は自ずから異なるのではないかと思います。
 あまりこんな理屈ばかり言ってると嫌われますからここら辺りで終らせて頂きます。
posted by まもる at 00:00| Comment(0) | 会長挨拶

2006年10月11日

ガバナー公式訪問

 本日は、国際ロータリー第二七六〇地区斎藤直美ガバナー、並びに藤井伸三地区幹事のご臨席を得まして名古屋清須、尾張中央の二クラブ合同例会です。開催するにあたり、ホストクラブとして一言ご挨拶を述べさせて頂きます。
 私達は、日頃クラブの運営や、地元での奉仕活動のみで、どちらかといえば地味な事しかやっておりません。今日は、年に一度こうして年度のガバナーのご来訪をいたゞき、ロータリーの世界観や直接お会いになったRI会長ってどんな人か、お話しを伺う唯一の機会であります。
 斎藤ガバナーは今年度地区方針に仰ってみえるように、IMを復活しよう、そしてロータリー百年の歴史を学び、ロータリーの精神を、クラブ運営の原理原則とし、そして自己研鑽と友愛の輪を広げようと呼び掛けて下さっています。
 今日この後、そんなお話も存分に伺えると思っています。どうぞ、会員の皆様には最後までご拝聴いたゞきますようお願い申し上げましてご挨拶とさせて頂きます。

posted by まもる at 00:00| Comment(0) | 会長挨拶